オペラ

Gioachino Antonio Rossini ジョアキーノ・ロッシーニ

ジョアキーノ・ロッシーニの生涯を紹介します。
出生: 1792年2月29日 イタリア ペーザロ
死没: 1868年11月13日 フランス パリ
ジャンル:ロマン派音楽
職業: 作曲家

生涯に39のオペラを作曲、イタリア・オペラの作曲家の中で最も人気のある作曲家だった。代表曲『セビリアの理髪師』や『ウィリアム・テル』。

・Gioachino Antonio Rossini ジョアキーノ・ロッシーニのまとめサイト: 100Rossini.com

1792年 – 2月29日、ペーザロに生まれる.
ロッシーニはイタリアのアドリア海に面したペーザロで音楽一家に生まれた。父親ジュゼッペ(Giuseppe)は食肉工場の検査官をしながらトランペット奏者をしていた。また、母親アンナ(Anna)はパン屋の娘で歌手であった。両親は彼に早くから音楽教育を施した。6歳の時には父親の楽団でトライアングルを演奏したと言われている。
1800年 – (8歳)ボローニャに移り住み、ボローニャ音楽学校に学ぶ
父親はフランスに好意を抱いており、ナポレオンが軍を率いてイタリア北部に到達したことを喜んでいた。しかしこれが元になり、1796年になってオーストリアに政権が復帰すると、父親は投獄されてしまった。母親はロッシーニをボローニャにつれてゆき、生活のためにロマニャーノ・セージアの多くの劇場で歌手として働き、のちに父親と再会した。この間ロッシーニはしばし祖母の元に送られ、手におえない子供と言われていた。容姿はやや太り気味だが、天使のような姿と言われ、かなりのハンサムだったので、多くの女性と浮き名を流した。
ロッシーニは10代終わりの頃からオペラ作曲家としての活動を始めた。
1810年 – (18歳)フィレンツェで一幕のオペラ・ファルサ「結婚手形」を初演。オペラ作曲家としてデビュー。

1812年 – (20歳)ブッファ『試金石』をスカラ座で初演。初のヒット作となり兵役を免除される。
1813年 – (21歳)「タンクレーディ」「アルジェのイタリア女」が初演後たちまち大ヒットしヨーロッパ中に名声が轟く。
1815年 – (23歳) ナポリで「エリザベッタ」初演。以後この地のサン・カルロ劇場の音楽監督として、精力的にオペラ・セリアの傑作を生み出す。
1816年、24歳の作品『セビリアの理髪師』でヨーロッパ中にその名声をとどろかせた。

1816年以降、ウィーンではロッシーニ人気の高まりによって、イタリア・オペラ派とドイツ・オペラ派の対立が巻き起こったが、イタリア派の勝利に終わった。1822年、ロッシーニは『ゼルミーラ』上演のためにウィーンを訪れ、熱烈な歓迎を受けた。このとき訪問を受けたベートーヴェンは『セビリアの理髪師』を絶賛し、「あなたはオペラ・ブッファ以外のものを書いてはいけません」と述べたという。
1822年 – (30歳)歌手のイザベラ・コルブランと結婚
1823年、ロッシーニはパリを訪問し、やはり議論を巻き起こしながらも大歓迎を受けた。この訪問と同じころに出版された『ロッシーニ伝』において、スタンダールは「ナポレオンは死んだが、別の男が現れた」と絶賛している。
1823年 – (30歳)「セミラーミデ」初演。イタリアでの最後のオペラとなる。
1824年 – (32歳)パリのイタリア座の音楽監督に就任。
1825年、フランス国王シャルル10世の即位に際して、記念オペラ・カンタータ『ランスへの旅』を作曲、国王に献呈し、「フランス国王の第一作曲家」の称号と終身年金を得る。1829年 – (37歳)最後のオペラ『ウィリアム・テル』を発表

以後は『スターバト・マーテル』などの宗教曲や小品のみを作曲し、年金生活に入る。
1830年の7月革命に際しても新政府と交渉し、前国王政府から給付された年金を確保することに成功した。
1836年 – (44歳)音楽界から引退し、イタリアのボローニャ(のちフィレンツェ)で隠居生活を送る。
一方、彼は若い頃から料理が(食べることも作ることも)大好きで、オペラ界からの引退を表明した後の余生はもっぱら料理の創作や高級レストランの経営に費やしていた。フランス料理によくある「○○のロッシーニ風」(ヒレステーキにフォワグラとトリュフのソテーを添えた「トゥールヌド・ロッシーニ」など)とは、彼の名前から取られた料理の名前である。彼はあまりにも料理が好きだったためか、料理の名前を付けたピアノ曲も作っている。
1855年 – (63歳)健康が回復したとしてパリに戻る。著名人を集めたサロンや高級レストランを経営。
晩年には淋病、躁鬱病、慢性気管支炎などに悩まされ、ついには1868年に直腸癌になり、手術を受けたが、それによる丹毒に感染して生涯を閉じた。
1868年 – (76歳)11月13日、死去。現在はイタリアのサンタ・クローチェ教会に眠る

出典: ジョアキーノ・ロッシーニのWikipedia