バロック音楽

George Frideric Handel ジョージ・フリデリック・ハンデル

Georg Friedrich Händel ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル の生涯を紹介します。

出生: 1685年2月23日 神聖ローマ帝国ハレ
死没: 1759年4月14日 グレートブリテン王国ロンドン
ジャンル: バロック音楽(声楽曲、オペラ、オラトリオ、管弦楽曲、器楽曲)
職業:作曲家

ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。バロック期を代表する重要な作曲家の一人。彼は生涯の約3分の2をイギリスで過ごしており、イギリスでの活動歴が圧倒的に長いことから、英語名でジョージ・フリデリック・ハンデル(ハンドル、ヘンドル、George Frideric Handel)と呼び、イギリスの作曲家として扱うべきとする意見もある。

ヨハン・ゼバスティアン・バッハと同じ1685年、現ザクセン=アンハルト州(当時はブランデンブルク=プロイセン領)のハレに生まれた。
ヘンデルは幼少時から非凡な音楽の才能を示していたが、ヘンデルの父は息子を法律家にしようと考えており、息子が音楽の道へ進むことには反対していた。しかし、幸いにも当時のハレの領主がヘンデルの音楽の才能を気に入り、ヘンデルは領主の援助のおかげで音楽の勉強を続けることができたという。

それでもヘンデルは厳格な父の期待に従い、ハレ大学で法律を学んだが、音楽への情熱を断ち切れずハンブルクへ出てオペラで成功した(この頃には彼の父は既に死去しており、彼は自由の身になっていた)。

20歳 : 1706年からはイタリアの各地を巡り、イタリアオペラに接してそれを吸収し、またオペラに加えてカンタータやオラトリオなども発表する。
24歳: 1710年にハノーファー選帝侯の宮廷楽長となった。
26歳: 宮廷楽長の地位はそのままに1712年にはロンドンに移住した。
28歳: 1714年イギリスのアン女王の死去に伴い、ハノーファー選帝侯がイギリス王ジョージ1世として迎えられることになる。
41歳: 1727年正式にイギリスに帰化した。
ちなみにバッハは、1719年と1729年の2度にわたりヘンデルに面会を求めたが、最初はすれ違いになり、2度目はヘンデルが何らかの事情で面会を断ったために、同時代に活躍しながらも生涯出会うことはなかった。
62歳: 王宮の花火の音楽(管弦楽組曲)HWV351 1748年完成。

65歳: 1751年に左眼の視力を失い、間もなく右眼の視力も悪化。
66歳: 1752年に完全に失明したため作曲活動はできなくなったが、その後も演奏活動だけは続けていた。
72歳: 1758年の夏、タンブリッジ・ウェルズで眼科医を名乗るジョン・テイラーにより手術を受けたが成功しなかった。
74歳: 1759年、体調の悪化により死去。74歳であった。

ちなみにヘンデルは生涯独身で子供はいなかった。これに対し、バッハは2度の結婚で合計20人もの子供(無事に成長した子供は約10人)に恵まれた子沢山の父親として知られており、両者は作曲家としての活動だけでなく私生活においても全く対照的な人生を歩んでいたと言われている。

出典: ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル Wikipedia.