オペラ

Wolfgang Amadeus Mozart ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの生涯を紹介します。

出生: 1756年1月27日神聖ローマ帝国ザルツブルク
死没: 1791年12月5日神聖ローマ帝国ウィーン
ジャンル: 古典派音楽
職業: 作曲家、ピアニスト

1756年1月27日モーツァルトは父レオポルドと母アンナ・マリーア・ペルトルの7番目の末っ子として生まれる。父はザルツブルクの宮廷作曲家・ヴァイオリニストであった。
父レオポルドはモーツァルトが音楽の天才であることを早くから見出し、幼少時から音楽教育を始める。
3歳: チェンバロをはじめる。
5歳: 初めて作曲アンダンテ ハ長調 K.1a
6歳: マリア・テレジアの御前演奏。演奏後に転んで、手を取ってくれた7歳の皇女マリア・アントーニア(のちのマリー・アントワネット)にプロポーズしたという逸話がある。
7-10歳: パリ・ロンドン旅行
この時期モーツァルトは父とともに音楽家として、ザルツブルク大司教ヒエロニュムス・コロレド伯の宮廷に仕えながら、何度もウィーン、パリ、ロンドンおよびイタリア各地への第旅行を行なった。これはモーツァルトのピアノ演奏を披露しながら、より良い就職先を探しての活動だったが、どこの宮廷でも就職に失敗することとなる。しかし、フランクフルトでのモーツァルトの演奏を聞いたゲーテは、そのレベルは絵画のラファエロ、文学のシェイクスピアに並ぶと思ったと後に回想している。
[embed_youtube id=’uB9CVdN-v0Y’ width=’420′ height=’345′]
11-13歳: 第2回ウィーン旅行。
オペラ「みてくれの馬鹿娘」K.51
13-15歳: 第1回イタリア旅行。
システィーナ礼拝堂では門外不出の秘曲とされていたグレゴリオ・アレグリの9声部の「ミゼーレ」を聴き、暗譜でかき記した。
ボローニャでは、作曲家のジョバンニ・バッティスタ・マルティーニ神父に対位法やポリフォニーの技法を学ぶ。
14歳: 黄金拍車勲章、受賞。12月オペラ「ポントの王ミトリダーテ」K.87初演
15歳: 第2回イタリア旅行。セレナード「アルバのアスカニオ」K.111 ミラノ上演
16-17歳: 第3回イタリア旅行。ミラノでオペラ「ルーチョ・シッラ」K.135 上演
17歳: 第3回ウィーン旅行
18-19歳: 第4回ウィーン旅行。オペラ「偽の女庭師」K.196上演
21歳: ザルツブルクでの職を辞し、ミュンヘン、マンハイムに移る。音楽家フリドリン・ウェーバーの娘アロイジアと恋に落ち、結婚の計画を立てるが、父親の猛反対に会い、パリ行きを命じられる。
22歳: パリに移るが、シャボー公爵夫人から冷遇され、収入も多くなかった。
7月同行した母アンナが亡くなる。
23歳: ザルツブルクに帰郷。ザルツブルク宮廷にオルガニストとして復帰。
24歳: オペラ「イドメネオ」K.366 準備のためミュンヘンに赴く。マリア・テレジア崩御。
25歳: ザルツブルク大司教コロレド衝突し、解雇される。ウィーン定住を決意。
26歳: 7月、オペラ「後宮からの誘拐」K.384をウィーンで初演。
8月3日、コンスタンツェ・ウェーバーと結婚。コンスタンツェは、アオイジアの妹で、「魔弾の射手」の作曲家カール・マリア・フォン・ウェーバーの従姉であった。
27歳: ザルツブルクに帰郷。大ミサ曲ハ短調K.427を上演。
6月、長男が誕生するもザルツブルク旅行中に死亡。
28歳: 第2子カール・トーマス・モーツァルト誕生。
フリーメイソンリーに入会。

29歳: 弦楽四重奏曲集をハイドンに献呈「ハイドン・セット」。ハイドンはモーツァルトの才能を認め、2年後にプラハからのオペラ・ブッファの作曲依頼に対して自分の代わりにモーツァルトを推薦している。
30歳: オペラ「フィガロの結婚」K.492初演。
31歳: 父レオポルド死去。オペラ「ドン・ジョバンニ」K.527プラハエステート劇場で初演。
32歳: いわゆる「3大交響曲」(第39番、第40番、第41番)を作曲。
33歳: ベルリン旅行
34歳: オペラ「コジ・ファン・トゥッテ」K.588初演。
35歳: オペラ「皇帝ティートの慈悲」K.620初演。
オペラ「魔笛」K.620 初演。11月「レクイエム」K.626 に取り組んでいる最中に病床に臥し、12月5日ウィーンにて死去。
亡くなる3年前に書いた手紙の中でモーツァルトは、以下のように語っている。
「ヨーロッパの宮廷を周遊していた小さな男の子だった頃から、特別な才能の持ち主だと同じことを言われ続けています。目隠しをさせられて演奏させられたこともありますし、ありとあらゆる試験を受けました。しかし、こうしたことは長い時間かけて練習すれば、簡単に出来るようになります。僕が幸運恵まれていたことは認めますが、作曲はまるっきり別次元の課題です。長年にわたって僕ほど作曲に長い時間と膨大な思考を注ぎ込んできた音楽家は、他には一人もいません。有名な巨匠の作品はすべて念入りに研究しました。作曲家であるということは、精力的な思考と何時間にも及ぶ努力を求められるのです。

出典: アマデウス・ヴォルフガング・モーツァルトWikipedia

関連ページ: 映画「アマデウス」.