Ludwig van Beethoven / ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン

ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven)は、9つの交響曲をはじめ、多くのピアノソナタやヴァイオリンソナタを残した。

 ・ Ludwig van Beethoven / ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェンのまとめサイト : 100Beethoven.com

Ludwig van Beethoven / ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェンの生涯

出生: 1770年12月16日 神聖ローマ帝国ケルン大司教領ボン
死去: 1827年3月26日 (満56歳) オーストリア帝国ウィーン
父ヨハン、母マリア・マグダレーナの長男として生まれる。
一家は、ボンのケルン選帝候宮廷の歌手(のちに楽長)であり、祖父のルートヴィッヒの支援により生計を立てていた。
ベートーヴェンの父も宮廷歌手であったが、無類の酒好きであった為、祖父が亡くなると生活は困窮した。
4歳: ベートーヴェンは、父からその才能を当てにされ、虐待とも言えるようなスパルタ式音楽教育を受け、一時は音楽に嫌悪感を抱くようになる。
8歳: ケルンでの演奏会に出演
12歳: クリスティアン・ゴッドロープ・ネーフェに支持
16歳: (1787年) ウィーンに旅し、かねてより憧れを抱いていたモーツァルトに弟子入りを申し入れ、弟子入りを許された。しかし、最愛の母マリアの病状の悪化の報を受け、ボンに帰郷。母は、まもなく亡くなり、その後、アルコール依存症の父の仕事をかけ持ちしながら、幼い兄弟たちの生活を支える苦悩の日々が続く。
21歳: (1792年)ロンドンからウィーンに戻る途中にボンに立ち寄ったハイドンにその才能を認められ、弟子入りを許可され、11月にウィーンに移住し、まもなく、ピアノの即興演奏の名手(ヴォルトゥオーゾ)として名声を博した。

一方、20歳代後半ごろから、持病の難聴が次第に悪化、26歳ごろには中途失聴者となる。聴覚を失うという音楽家としては死にも等しい絶望感から、1802年には「ハイリゲンシュタットの遺書」を記し自殺も考えたが、強靭な精神力をもってこの苦悩乗り越え、再び生きる意志を得て、新しい芸術の道へと進んでいくことになる。
34歳: 1804年に交響曲第3番を発表したのを皮切りに、その後10年間にわたってベートーヴェンの中期を代表する作品が書かれ、ベートーヴェンにとって傑作の森(ロマン・ロランによる表現)と呼ばれる時期を迎える。
40代に入ると、難聴が次第に悪化し、晩年の約10年にはほぼ聴こえない状態になる。また、神経症とされる持病の腹痛や下痢にも苦しめられた。加えて、非行に走ったり自殺未遂を起こすなど問題児の甥カールの後見人として苦悩するなどして一時、作曲が停滞したが、そうした苦悩の中で作られた交響曲第9番や「ミサ・ソレムニス」といった大作、ピアノ・ソナタや弦楽四重奏等の作品群は、彼の未曾有の境地の高さを示すものであった。

1826年12月に肺炎を患った事に加え、黄疸発症するなど急激に病状が悪化し、病床に臥す。
56歳: 交響曲第10番に着手するも未完成のまま、1827年3月26日肝硬変により、生涯を終える。

出典: ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェンのwikipedia.

関連記事

  1. Franz Joseph Haydn フランツ・ヨーゼフ・ハイドン

  2. Wolfgang Amadeus Mozart / ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。