映画

ロベルト・シューマン 映画「哀愁のトロイメライ ~クララ・シューマン物語~」


実在の天才ピアニスト、クララ・シューマンを絶頂期のナスターシャ・キンスキーが演じる!

「トロイメライ」はじめ全編にロベルト・シューマンの音楽が盛り込まれ、
さらに現代バイオリン界の第一人者ギドン・クレメールをはじめとする
名手たちの劇中演奏に彩られた、本格的音楽映画!

◆STORY
音楽の道に進むことを決意したロベルト・シューマンは、
ライプツィヒの音楽教師フリードリッヒ・ヴィーク家の門を叩く。
そこには11歳にして天才的なピアニストと評判を得ていた娘クララ・ヴィークがいた。
ロベルトとクララはいつしか惹かれあい、互いの感情は抑えられないものとなっていく。
しかしそれを知ったフリードリッヒはロベルトを破門にし、クララとの仲を遠ざけてしまう…。