モーツァルト : 映画「アマデウス」

モーツァルトを暗殺したと言われるライバルのサリエリの視点から、モーツアルトの生涯を描く傑作、自伝映画。監督ミロス・フォアマン、第57回アカデミー賞8部門受賞作品。ピーター・シェイファーの快演が光る何度も見たくなる作品です。

 ・ amazon : Amadeus / アマデウス

 ・ iTunes : Amadeus / アマデウス

1823年11月。凍てつくウィーンの街にその叫び声は響いていた–「許してくれ、モーツァルト! 私が君を殺したことを!」そして老人は自殺を図り、雪の降りしきる街を病院へと運ばれた。彼の名前はアントニオ・サリエリ。かつてウィーンで最も尊敬された皇帝ヨゼフ二世に仕える宮廷音楽家であった。やがて、彼の人生のすべてを変えてしまったひとりの天才の生涯を語り始める。そう、若くして世を去った天才音楽家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトについて–。

(Amazonレビュー) 1825年、オーストリアのウィーンで、1人の老人が自殺を図った。彼の名はアントニオ・サリエリ。かつて宮廷にその名をはせた音楽家である。そのサリエリが、天才モーツァルトとの出会いと、恐るべき陰謀を告白する。「モーツァルトは殺されたのでは…」。19世紀のヨーロッパに流れたこのミステリアスな噂をもとにしたピーター・シェーファーの戯曲を、完ぺきに映画化。第57回アカデミー作品賞ほか、全8部門を受賞した。
ふんだんに流れる名曲群、舞台にはないミュージカル部分の追加、チェコのプラハでオールロケした美しい映像など、そのすばらしさは枚挙にいとまがない。監督は、チェコ出身の才人ミロス・フォアマン。2人の音楽家の精神的死闘は、見る者を極度に興奮させる。(アルジオン北村)

関連ページ: モーツァルトの生涯

関連記事

  1. ショパン 愛と哀しみの旋律 (2002)

  2. ベートーヴェン : 映画「敬愛なるベートーヴェン」

  3. ロベルト・シューマン : 映画「哀愁のトロイメライ ~クララ・シューマン物語~」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2012年 10月 13日